看護師アルバイトとして活躍する方も多いです!

看護師バイト > 看護師のアルバイトは稼ぎやすい?

看護師のアルバイトは稼ぎやすい?

看護師として働きたいと思っているものの、常勤看護師として働く自信はないという人は、アルバイトを検討してみてはどうでしょうか。看護師は基本給が高いので、アルバイトとして働いた場合も高い報酬が期待できます。

准看護師のアルバイト求人で働く大きなメリットといえば、働く時間を選ぶことができるという点です。 常勤として働く場合は病院側が決めたスケジュールに沿って働かなければなりませんが、アルバイトの場合はシフト制となっているので、働く時間がはっきりしています。

看護師の数が全く足りていない病院の中には、週1度や月1度というペースで働くことが可能なところもあります。ちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚で看護師のアルバイトをするのもいいでしょう。

看護師といえば残業がきついイメージがあるかもしれませんが、アルバイトの場合はほとんど残業がありません。また、事前の契約で残業はしないという契約ができる場合もあるので、絶対に残業はしたくないと思っているのであれば契約の時に確認をしておくといいですね。

夜勤として働く場合は、アルバイトであったとしても1回の勤務で数万円の報酬が期待できます。 アルバイトでも夜勤ならば1回3万円程稼げる病院もあるので、忙しく働くのは嫌だけれど看護師資格を活かして働きたいと思っているのならば、アルバイトを選択するのがおすすめです。

ただ、アルバイトにもデメリットはあります。 それは、非正規雇用であるため、将来における保証がないということです。 仮に病院の経営が傾いたりした際に、真っ先に解雇されてしまう立場にあるわけなので、安定した収入を得たいと思っているのであれば、正社員として働いたほうがいいでしょう。

ただ、看護師が足りていない病院が多く、今後もその状況は改善しないと考えられます。 そのため、アルバイトを解雇されてしまったとしても、新たにアルバイトとして働ける病院を探すことはそれほど難しくありません。 自分の時間を優先させて働きたいと思っている人もアルバイトを検討してみましょう。

看護師が転職をするまでの流れ

転職しようと思っているのであれば、少しずつ準備を始めたほうがいいでしょう。 転職先が見つかったからといってすぐに職場を移動できるわけではありません。

いろいろな転職方法があるものの、近年は転職支援サイトを活用している人が多いようです。 他にも様々な方法がありますが、まずは自分がどのような職場で働きたいと思っているのかをよく考えておきましょう。

次に、絶対に譲れない条件や、求めることについても明確にしておいたほうがいいです。 自分でどういった職場を求めているかというのがはっきりしていないと、どの求人情報を詳しくチェックすればいいのかがわかりません。

仕事を探す際には転職支援サイトの他、ナースセンターやハローワークを使った方法も一般的なので利用してみてはどうでしょうか。

気になる求人情報を見つけることができたとしても、ひとつに絞ってしまうのではなく複数の候補を挙げておくのがおすすめです。

その中でも特に気になるところはどこなのかをチェックし、まだ募集情報が出ているかどうかを確認します。

他に確認しておかなければならないのは、応募書類を受け付けている期間や送付の方法に関することです。ただ、仕事をしながら求人情報を探している人の場合、こういった情報を一人で集めるのは大変なことかもしれません。

自分一人で転職活動をするのが難しいと感じているのであれば、転職支援サイトのコンサルタントに協力してもらうのもいいでしょう。 応募書類の作成や面接をする際にも様々な手助けをしてくれます。

無事に応募と面接が終わって採用や内定が決まったら今の職場を退職するための準備を始めなければなりません。

しっかり挨拶を済ませるのはもちろんのこと、引き継ぎなどの仕事も行いましょう。 いつまでに退職の意志を示さなければならないかというのは職場によって違うので、事前に確認しておいたほうが安心です。

入職をする際に用意しておかなければならないものも職場によって違うので、こちらも忘れずに確認しておきましょう。

日本看護協会とは?

看護師であれば、日本看護協会という組織について聞いたことがあるでしょう。 正式名称は公益社団法人日本看護協会で英語ではJapanese Nursing Associationとなります。

こちらは全国に65万人もの会員を持つ日本最大の看護師職能団体のこと。 そのため、転職活動などをする際にも有益な情報を提供してもらうことができます。 対象となるのは看護師だけでなく、准看護師や保健師、助産師などの看護資格を持った方です。

設立されたのは1946年11月ととても歴史が古く、日本産婆会・日本帝国看護婦協会・日本保健婦会という3社が結合して結成した「日本産婆看護婦保健婦協会」というものが始まりとなっています。

どういった活動を行っている組織なのかというと、主に看護師がより働きやすい労働環境を作り上げるための活動がメインです。 他にも看護師や看護を受ける人にとって役立つような活動をしています。

日本看護協会は個人でも入会することができるのですが、入会するメリットとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

いろいろなメリットがあるものの、その中でも大きいのが看護職賠償責任保険制度への加入ができるということです。この加入は任意となっているので日本看護協会に加入したら必ずしも保険に入らなければならないというわけではありません。

看護師という職業に就く以上、医療事故の問題について不安を感じている方もいるのではないでしょうか。看護職賠償責任保険に加入していると、万が一の時に補償が受けられたり、相談窓口を利用することができるようになるので安心です。

また、ブランクがある方にとっても魅力的なサービスが提供されています。 例えば、看護知識や技術向上のための集会に参加することができたり、国際大会にも参加することができるのです。

しかも研修会などには会員料金のみで参加することができるため、上手に活用してみてはどうでしょうか。

現在勤務をしていない場合はお住まいの都道府県看護協会、勤務している方は勤務先のある都道府県看護協会で入会手続きができます。